住まいの取得ということで最近の住宅ローンの金利の低下の有利さということを中心に書いてみました。

住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います
住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います

住まいの購入と住宅ローン

最近の住まいに関する話題では、住まいを取得するのに重要な住宅ローンの金利が史上最低になったというこことでした。長期固定住宅ローンの金利が1、5%を切ったということでニュースにもなっています。これは非常に住まいを取得する人たちには朗報で、これだけの有利な金利は確かに日本でもこれからもあまりないのではないかとも思います。これから先にはもっと下がるかもしれませんが、その予想は誰にもつきません。いつまで続くかもわからず、上がりだせば急激に上がるのではないかという心配もありますが、今の状況で住宅ローンで住まいを購入できるのであれば、非常に効果的な借り入れができて、住宅を購入できるのではないかと思います。

固定金利の場合には、将来的にも金利が上がる心配はないので、返済計画をゆとりを持ってできれば、これほど効果的な住宅取得はないと思います。最近もこれから金利が上がるだろうということで固定金利に変えた人たちがいましたが、ますます下がってきました。しかし日本の財政を考えると、将来の何時の時点かわかりませんが長期金利が上がり、住宅ローンも上がるようになる時が来るだろうと思います。しかし今は金利が非常に低いので、これほど購入しやすい時はないだろうと思います。

Copyright (C)2018住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います.All rights reserved.