たくさんの魅力的な設備がついた住まいをマイホームとして買う人が増えてきたことは、明るい未来につながりそうです。

住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います
住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います

明るい未来を予見する住まいについて

近頃は住まいの設備がとても充実していて、ひと昔前ならこんなのなかったなあ、と思うようなものがたくさんとりつけられるようになりました。注文住宅ならともかく、建て売り住宅にも標準装備されていることが多くなりましたから、それを思うと時代が新しい技術を家の中にどんどん盛り込んできている、と感じます。たとえばキッチンのシンクにある生ごみ粉砕機のことを知ったのは、20年ほど前にハワイに行ったとき、コンドミニアムに設置されていて、指を入れると危ないから注意するように、とガイドブックで読んだのがきっかけでした。

今では日本の住宅にも取り付けられるようになり、そこは日本人の繊細な仕事によって、指が切れるといった心配なく使えるのだそうです。他にもエステ気分が味わえるミストが出るお風呂や、太陽光発電で電気が作れる家など、住まいにさまざまな付加価値が加わるようになってきました。少し前まで、やれ不況だ、不景気だと言っていたのが、自宅の周りにもどんどん新しい家が建ち始め、すぐに入居者が見つかります。それを思うと、人々が新しい住まいを求め、がんばって手に入れようとする今の日本は、これから良い方向へ向いていくのかもしれません。

Copyright (C)2018住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います.All rights reserved.