高金利の時代に住まいを購入した人たちと今購入できる人たちの違いや不動産投資のことなどを書いています。

住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います
住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います

住まいの購入と考え方

住まいの購入ということでは、住宅ローン金利も史上最低ということで、今購入できる人たちは非常に恵まれていると思いますが、金利が非常に高かった頃、購入した人たちとの差が大きすぎて、運というかチャンスの違いも人生にはあるということがよくわかります。金利が史上最高の時に普通の住まいを購入した人もいれば、同じぐらいの住まいを今購入できる人もいます。そうなるとその金額の差は数千万円になります。同じような住まいでもです。やはり全てには時があるということで、最高の金利の時に住まいを購入せずに、高金利預金をしていれば、相当資産が増えたでしょうし、実際そういう人たちもいました。その人達が今購入すれば住宅ローンさえ使わずに購入できるでしょう。

そのように住まいも購入するということは不動産投資と同じということがわかります。しかし不動産投資の人たちとの違いは、その住まいに住みたい、住むということで、それで利潤を得ることではないということですから、そのような結果論からの計算ではなくて、住まいがほしいと思い、それを購入できる計画と準備ができていれば、その時が最善の購入できる時期ということになります。先のことはわからないのですから、準備ができて購入できるように備えていくということが、もっとも満足できる方法ということになります。

Copyright (C)2017住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います.All rights reserved.