これからの時代の住まい確保は自分たちが逝った後のことまで考えなくてはならずよりハイリスクとの戦いになること

住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います
住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います

これからの時代の住まい確保はよりハイリスクとの戦い

生きていくためには住まいがなくてはやっていけません。そのためにほとんどの人はそれを確保して生活しています。その住まい確保では大きく2つの方法があります。1つは家を買うということです。これにはマンションという集合住宅の一部分を買うか、戸建て住宅を買うかにさらに細分化されます。もう1つの方法は借りるという方法です。しかしこれからの時代はこの住まい確保がより難しくさらにハイリスクとの戦いに悩まされる確率を高くしてしまうことが想定されます。

ではなぜこれからの時代はよりハイリスクな戦いになるかというと1つは不動産を巡る問題と生存権を巡る問題が混在するからです。まずこれまでの時代は家を買うことが安心を買う材料の1つになっていました。というのはアパートを借りることはいつまでも所有権が他人のモノなのでいずれは何らかの理由で追い出されてしまい、次に借りる際に連帯保証人を確保できないとかなどの理由で住めなくなるという不安がいつまでも付きまとうからです。しかし家を買えば所有権が自分のモノなのでもっとも途中で家の修繕費を追加する必要はありますが、ローンと固定資産税の支払いさえしていれば大丈夫だったのです。ですが時代はすでに不安定化してきました。経済がかつてよりも悪くなってきたので借りるにしても買うにしてもお金と連帯保証人の確保が難しくなってきたのです。金融機関や保証会社あるいはアパートの管理人はよりシビアになったためにかつてならば大丈夫だったところ、今では審査でアウトになる確率を高くしてしまったのです。なのでこれからの時代はよりハイリスクとの戦いになるのです。

Copyright (C)2018住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います.All rights reserved.