住まいを将来の収入の準備として考えて購入することや経済的に利用できる方法を考えておくことなどを書いています。

住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います
住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います

住まいと利用と将来の準備

住まいを経済的に判断するというのは、なかなか難しいと思いますし、住まいを購入した満足感や、その後の安心感、居住性やストレスの緩和などは、数字に現れない部分なので、そのメリットが非常に高いということもあります。ですので住まいは預金などの資産とは又違ったメリットや価値観が作用して来るということになります。その点は住んでいる人しかわからないので何とも言えませんが、不動産投資ということで考えた場合には、その精神的な満足感以上のメリットもあれば、それだけ生活も過ごしやすくなるのは間違いないだろうと思います。ですので住まいを購入する場合にも経済的なその後のメリットも考えるべきだろうと思います。

特に頭金を揃えて多額の住宅ローンを組んで購入する住まいなので、キャピタルゲインとは行かないまでも、例えばできるだけ価値が下がらないような物件を選ぶとか、改修などでアパートのようにできるとか、2世代、3世代住宅にできるとかのメリットの可能性を考えておくということも、これからの社会では重要ではないかと思います。大勢が住めるということは、貸すことができるということでもあるからで、将来賃貸としても利用できると思います。

Copyright (C)2017住まいの立地は通学時間より通勤時間を優先すべきだと思います.All rights reserved.